2015年ファッショントレンドランキング。「石原さとみ」「ゆめかわいい」など流行語がここまで波及。

2015年12月25日

スクリーンショット 2015-12-10 17.06.36

今年ももう年の瀬ですね。今年の思い出を忘れないように、2015年の「フリル(FRIL)」で検索されたワードから、ファッショントレンドを振り返ってみましょう!

2015年流行したファッション キーワードランキング
■各アイテム詳細

1位「セットアップ」 同じデザインのトップスとボトムスを組み合わせたアイテムです。
2位「ドレス」 「パーティードレス」「ミニドレス」などとも検索されていました。若者の間でイベントごとが増え、パーティー用衣類の需要が拡大していることがわかります。
3位「セーラームーン」 子供向けのおもちゃだけでなく、ウェアやランジェリーなどのアパレル領域においても人気を集めています。
4位「ヴィンテージ」 ハイブランドの衣類やアクセサリーだけでなく、スポーツブランドのアイテム出品時にも、説明に記載されています。「双子コーデ」などのおそろいファッションを好む一方で、誰とも被らない一点ものを求める若者の消費行動が見受けられます。
5位「ニットワンピ」 秋口に検索回数が急激に伸びた、2015年秋冬の人気アイテムです。
6位「ゆめかわいい」 天使や宇宙、小動物などのモチーフや、マーブルカラーなど、非現実的な世界観を持つアイテムを説明するときに使われるキーワードです。
7位「石原さとみ」 「石原さとみ」さんが出演するドラマで着用したアイテムが、「フリル(FRIL)」内でも人気となっています。
8位「バンドゥ」 レディース水着の一種で、チューブトップ型のトップスを意味します。
9位「エスニック」 トライバルやビーズ、フリンジなど、アジアンなテイストを含んだ小物や衣類に使われるキーワードです。
10位「花冠」 花で作られた冠で、多くのアパレルブランドから発売されているほか、オーダーメイド品としても高い需要があります。

 

「若者受けするノスタルジー」と「ブランド名以外の付加価値」が購買意欲を刺激。

ランキングの上位を見ると、「セーラームーン」や「ヴィンテージ」「エスニック」など、ノスタルジックな単語が並んでいることに気がつきます。こういうのって、当時を経験した世代にとっては思い入れがある一方で、もっと若い世代からも、目新しいものとして興味を持たれやすいのかもしれませんね。

 

ブランド名以外の単語を#ハッシュタグ的に利用。

「ゆめかわいい」や「石原さとみ」っていう単語も、目を引きますね。ブランド名以外の付加価値を、SNS上でのハッシュタグのように用いてファッションアイテムを検索する行動は、非常に現代人らしいと思います。

 

現代人が欲しいのは、「セットアップ」のようなハイコスパの賢いアイテム。

「若者のファッション離れ」が騒がれていますが、今の10代20代は、ファッションにかけるお金が少ない分、こういう賢いアイテムを選ぶことには長けている気がします。

「グレーのニットのセットアップを購入しました。単体でも使えるアイテムなのでとても優秀で、コーデの幅が広がります(*^^*)」
「セットアップされているとセンスがいいので、服選びに時間がかからなくて良い。」
「きれいめを買えば、着回せるしお呼ばれにも活躍しました。」

 

イベントの流行で需要拡大の「ドレス」。「パニエ」の使い方、知ってますか?

ハロウィンやフェス、「パリピ」(パーティーピーポー)など、イベントごとが盛んに話題となった2015年。「ドレス」や「パーティードレス」「コスプレ」などの単語が検索ランキング上位に上がりました。
ちなみに、検索上位には「パニエ」も入っていたんですが、これってランニングイベントとか、遊園地に行くときに友達とお揃いで着る用ですよね。

 

人物名で唯一ランクインしたのは「石原さとみ」。ドラマで着用したアイテムが争奪戦に。

人物名では、女優の「石原さとみ」さんの名前が6位にランクインしました。また、出演ドラマ名も、同じランキングで11位でした。「石原さとみ」さんがドラマで着用したコートや時計は大人気で、「フリル(FRIL)」で定価以上の価格で取引されているんだとか。

 

アイテム別では、「透け感」と「抜け感」が共通トレンド。

スクリーンショット 2015-12-10 17.10.54
アイテム別にランキングを見ると、共通点として「透け感」や「ゆるさ」が挙げられます。アンケートで「今年、あなたのなかでヒットしたファッションを教えてください。」と質問したときも、

「ゆるコーデ」
「ゆったりコーデ」
「抜け感」
「真っ白コーデ」

などの回答が集まりました。

 

トップス部門は「ゆるい肌見せ」やカジュアルアイテムが人気。

「オフショル」(=オフショルダーの略。肩口が広く空いているもの)や、「ビスチェ」(=肩紐が付いているチューブトップ状のアイテム)は、春夏に流行りましたよね。ほかにも、1位と2位が「ニット」「パーカー」というカジュアルアイテムだったりと、全体としてゆるさのあるものが人気のようです。

 

ボトムス部門では「ガウチョ」が1位。きっちり感と着心地を両立。

「ミモレ丈」ブームに続いて突如現れた「ガウチョ」。ハイブランド、ファストファッションを問わず、多くのブランドから発表されていました。「フリル(FRIL)」ユーザーさんからは、着やすいうえにきちんと感がある点が好評のようです。

「カーキのガウチョは、仕事に重宝しています。ヒールローファーと合わせます。長めのプリーツガウチョは、仕事にも、お出かけにも、合います。」
「身長や、体型で選ぶガウチョがかわる。生地が重要だった。」
「カジュアルにもフォーマルにも着れるのでたくさん使っています。」
「履きやすいし、合わせやすい色んなテイストのものがあるので挑戦しやすい。今までは短い丈のスカートやワンピースが多かったけれど長い丈のボトムスにも興味を持つようになった」

 

小物部門 シューズは「厚底」か「ニューバランス」。

スニーカーブランドの「ニューバランス」や「厚底」など、靴に関する単語が上位にならびましたね。また、飾り房を意味する「フリンジ」は、秋口に大流行しました。4位はプラダのトートバッグ「カナパ」です。ハイブランドだけどデニム素材で使いやすいから、持ってる人多いですよね。5位の「スヌード」は、ファッショナブルな防寒具の一種で、輪っか状になったマフラーのことを指します。機能性重視の小物が、人気のようですね。

 

素材部門 柔らかい透け素材。

「レース」や「オーガンジー」、「チュール」など柔らかく、透けて見える生地が上位を占めています。花柄のチュールスカート、春夏に流行りましたよね。

 

カラー部門

カラー部門では、「白/ ホワイト」が1位でした。3位以降は、「グレー」「カーキ」「キャメル」など、暗めの淡い色が目立ちました。同じ色だけでコーディネートをまとめる「ワントーンコーデ」や、白いアイテムだけを着る「オールホワイトコーデ」に、おしゃれな人たちが飛びついていました。Instagramでは、暗めの背景に明るめのワントーンコーデで佇む画像を多く見かけた気がします。

 

アウター部門

2位の「コーディガン」は、コートのように着られるカーディガンのことです。今年、多くのブランドから新アイテムとして発表されました。「Aライン」など従来の定番アイテムではなく、「チェスターコート」など、新しい定番といえるアイテムが並びました。10代や20代前半の間では、スポーツ系やストリート系のコーディネートがおしゃれのスキームになっていますもんね。

流行の変化が著しい現代だからこそ、こうしてトレンドを振り返るのって楽しいですよね。